FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

-スポンサー広告- Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Game 6

2013.05.19(Sun)

-my games- Comment(0)Trackback(0)
Game 6
Nanjo,R - Averbukh,A
6th Niigata Annual 2010
C11 French Classical


今週は2010年に新潟で開かれた第6回国際親善チェス大会の試合を解説します。ECO Code並びに定跡名がFrenchになっていますが、間違いなどはありません。

1.e4 c6 2.d4 d5 3.f3

Caro-KannのFantasy Variationです。この大会では確か何が何でもギャンビットをすると決めていたのですが、いざ1...c6を指されて困った記憶があります。仕方ないのでろくに指したこともない(調べたこともないのはいつものことです)offbeatなこのラインを指してみました。

3...e6

想像以上にパッシブな応手が来てびっくりしましたが、レファレンスによるとこの局面で最も多く指されている手のようです。他には3...dxe4 4.fxe4 e5 5.Nf3 Be6や3...e5!?もあるようですが、どのラインも白の勝率が高いことが意外でした。Fantasy Variation自体があまり研究されていない領域であるとはいえメインラインよりも強いとは思えないので、おそらくCaro-Kannプレイヤーが苦手とする局面になりやすいのだと思います。

4.Nc3 Nf6

ここに来て黒が定跡をFrenchのClassical Variationに変える誘いをかけてきたことに気づきました。どちらにしろギャンビットとは縁のない定跡ですが、トランスポーズする以上に有効な手が思い浮かばなかったので受けることにしました。後から考えてみると、5.Bg5でもFrenchの別ラインにトランスポーズするような気がします。
なお、メインラインは4...Bb4のようで、5.Bf4 Ne7 6.Qd3 b6 7.Ne2 Ba6 8.Qe3 0-0 9.0-0-0と続くようです。形を見る限りセンターを固めて両サイドからの激しい攻め合いになりそうなので、これをCaro-Kannプレイヤーが苦手としているのかもしれません。

5.e5 Nfd7 6.f4 c5

お互いにfポーンとcポーンに2手使っているので1手余分にかかっていますが、これでFrenchのClassical Variation(1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nc3 Nf6 4.e5 Nfd7 5.f4 c5)にトランスポーズしました。白はセンターのスペースを維持しつつ将来的にできるd4のアウトポストを有効に使うことが戦略の一つでしょう。黒は白マスビショップの交換、もしくはcポーン(c7-c5)とfポーン(f7-f6)のブレイクを使って白のセンターを崩すことを狙うべきだと思います。

7.Nf3 Nc6 8.Be3 cxd4

てっきりこの手がメインラインだと思っていたのですが、データベースを見る限りでは8...a6の方が若干ですが試合数が多いようです。8...cxd4は黒マスビショップをc5に展開するのが目的の手ですが、白にd4のアウトポストを与えてしまうのがデメリットだと思います。

9.Nxd4 Nxd4?!

黒も普段はFrenchを指す機会がないからか、序盤がうろ覚えのようです。d4のナイトは確かに強力でしたが、c6のナイトもまたとても重要な働きをしていたのでここで交換するのは性急です。9...Bc5と展開するのが一般的で、10.Qd2 Bxd4 11.Bxd4 Nxd4 12.Qxd4 Qb6と続くラインと本譜を黒は勘違いしてしまったのでしょう。

10.Bxd4 Bc5 11.Bb5!

position6-1

黒マスビショップの交換を見越した上で白の白マスビショップと黒のナイトを交換し、白のナイトと黒のバッドビショップを残して戦うつもりです。試合数は非常に少ないですが、勝率も高くShortが指しているので悪い手ではないと思います。黒がナイトをすぐに交換したくなかった理由はまさにこれで、9...Bc5 10.Bb5?! Bxd4 11.Bxd4 a6! 12.Bxc6 bxc6は黒のクイーンサイドポーンが脅威になる上、白のグッドナイト対黒のバッドビショップという構図を防げます。

11...Qb6 12.Bxc5 Qxc5 13.Qd2

白はビショップをナイトと交換すると言っても、すぐに交換する必要はありません。白はルークをdファイルとeファイルへなるべく早く回したいので、その準備をします。

13...a6 14.Bxd7+ Bxd7

白はナイトをd4、ルークをd1とe1に置き、センターにプレッシャーをかけるという明確なプランがあります。それに対し黒はアクティブなプランがf7-f6のブレイクくらいしかありませんが、それも白のプランとの相性が最悪です。白勝ちかどうかはまだはっきり言えませんが、長く報われない戦いが黒に強いられることでしょう。

15.O-O-O O-O-O 16.Ne2

16.Rhe1には16...Bb5!とされるとナイトがd4にたどり着く前に交換されてしまい、厄介だと思いました。

16...f6

黒にはこれくらいしかやることがありません。もしブレイクをしてこなかった場合は逆に白からf4-f5を目指すべきでしょう。

17.Nd4

もちろん17.exf6? gxf6は黒がセンターの主導権を握ってしまうため指しません。白最大のアドバンテージはd4とe5のマスの強固なブロッケードにあります。

17...Rhf8?!

e5にポーンがいても黒は駒の利き筋を封じられて辛いですが、e5にルークが来るとさらに黒にとって厳しくなります。白のルークが回ってくる前に17... fxe5と指すべきだったでしょう。

18.Rhe1 fxe5 19.Rxe5

センターの完全な制圧が終わりました。黒の白マスビショップはe6の弱点を守る以外の役目を見いだせず、ルークはどちらも有効な使い道も交換する術も見当たりません。白はd4とe5のマスをしっかり抑えているだけで黒の局面はどんどん窒息していきます。

19...Rf6 20.Rde1 Qd6 21.g3

f4のポーンを守ることで黒のfファイルからの突破を不可能にします。他の手ではg7-g5のブレイクを許してしまう可能性がありましたが、今後そのようなことがあってもRe5xg5とfファイルを塞いだまま排除できるようになりました。

21...g6 22.Kb1 Kb8 23.Qe3

position6-2

キング以外の4つの駒全てでe6のポーンにプレッシャーをかけます。黒は駒を全て使わなければ守りきれませんが、逆に言えばこのままでは膠着状態が続いてしまいます。白はここから黒を揺さぶって弱点をさらに作らせる必要があります。

23...Re8 24.h4

黒のg6-g5のブレイクを完全に止め、白からh4-h5とするスレットも作っておきます。

24...Bc8 25.Nb3

ナイトをc5へ移動させ、クイーンサイドのポーンへの睨みをきかせます。

25...Rd8 26.Qd4

もちろんいかなる場合でも黒にd5-d4と指すことを許してはいけません。スレットはNb3-c5とe6のポーンを十分な回数当ててからRe5-e3とf6のルークを当てることです。

26...b6

たまらず黒はc5のマスを抑えて来ましたが、a6、b6、c6が新たな弱点になりました。

27.Nd2

クイーンサイドは十分揺さぶることに成功したので、今度はキングサイドへナイトを回します。目的地はg5で、h7-h6を突かせるのが狙いです。

27...Qc5

クイーン交換を狙いますが、もちろん白はその手には乗りません。

28.Qd3

Nd2-e4のフォークがあるので黒はやはりd5-d4を突けません。それどころか現在d5のポーンが十字にピンになっているため、黒はd8のルークをすぐ守りつつクイーンを退かなければいけません。

28...Qc7 29.Nf3 h6

g6、h6が弱点になってしまいますがそれでもNf3-g5を許すわけにはいきません。


30.Nd4 Rd6 31.Qe3

position6-3

黒の弱点を十分に炙り出せたので、再びe6にプレッシャーをかけます。7手前と比べて白のピースの位置は完全に同じですが、黒は不可逆なポーン突きを2つ強いられたことで陣形が崩壊しつつあります。

31...Qc5 32.h5

ここでようやくキングサイドに手をつけます。白はキングサイドで3対2のポーンマジョリティーを持っているため、伸ばしていけば必ずパスポーンを作ることができます。黒はセンターやクイーンサイドにある他の弱点を守らなければいけないためピースをキングサイドの守備に回せず、hポーンを突かされたためポーン同士で支えあうこともできません。

32...Qc7 33.g4 gxh5 34.Rxh5

g4-g5からgファイルにパスポーンを作るため、当然ルークで取り返します。

34...Rd8

ここで黒は駒損する一手を指してしまいますが、最善の34...Rg6でも35.g5からパスポーンを作られ敗北は時間の問題でしょう。

position6-4

35.Nc6+! Qxc6 36.Qe5+

両取りを最も得意とする2つの駒がそれぞれキングとルークをフォークします。

36...Qd6 37.Qxf6 Rf8 38.Qe5

駒得した以上は当然クイーンを交換します。黒のカウンターさえ入らなければあとは勝ちまで一直線です。

38...Qxe5 39.fxe5 Rf4 40.Rg1!

とどめはミドルゲームでのプラン同様、gファイルのパスポーンに任せます。

40...Re4 41.Rxh6 1-0

gポーンの進軍を防ぐ術が黒にはありません。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://chesswarehouse.blog.fc2.com/tb.php/10-0757c385

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 rnanjo all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。