スポンサーサイト

--.--.--(--)

-スポンサー広告- Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Game 5

2013.05.13(Mon)

-my games- Comment(0)Trackback(0)
Game 5
Inoue,S - Nanjo,R
Japan Ch 2013
C02 French Advance


臨時休業のため棋譜解説展示が遅れましたことをお詫び申し上げます。今週は今月初旬にあった全日本選手権より一試合解説したいと思います。

1.e4 e6 2.d4 d5 3.e5

French DefenceのAdvance Variationです。対Frenchの白の選択肢としては3.Nc3、3.Nd2に続いての3番人気ですが、トップレベルでは絶対に勝たなければいけない試合でよく採用される気がします(最近の例ですとSvidler-Ivanchuk London ct 2013など)。Frenchでは3.Nc3や3.Nd2のラインでも結局e4-e5と突くことが多いので、Advance VariationはFrench共通の戦略が白黒ともに、最もはっきりした形で現れると言えます。

3...c5 4.c3 Nc6 5.Nf3 Qb6

メインラインですが、最近は5...Bd7が人気上昇中です。黒の主戦略はd4に圧力をかけることなので、クイーンを出すことによってd4を狙い、さらにb2を狙うことによって白の自由な駒の展開を阻害します。

6.a3

これも主流の手で、b2-b4の突きを狙うことによってb2のプレッシャーを解消しようとします。白はd4を守り切るためにはいずれbポーンを突かなければ厳しいので、bポーンを突く一番理想的な陣形を目指します。6.Bd3 Bd7はbポーンを突かないギャンビットライン、6.Be2はbポーンをb3へ動かすラインと言えます。

6...c4!?

positiona5-1

クイーンサイドの白マスを押さえ、b2のポーンをバックワードなまま固定します。データベースを見る限りこの手はこの局面で最も多く指されていて、今でも試合数は結構多いのですが、Frenchを扱う最近の書物ではほとんど触れられることがありません。いわゆるオールド・メインラインというものですが、最近の本に載っていない分序盤から発想力勝負に持ち込みやすいと言えます。

7.Be2?!

白はとりあえず駒の展開を続けますが、黒の戦略がクイーンサイドを抑え込むものだとはっきりした時点で対策を打つべきでした。個人的にはここで7.Nbd2 Bd7 8.b3!とバックワードポーンを最速で解消しにいくプランがベストだと思います。7.Nbd2 Bd2 8.b3! cxb3 9.Nxb3 Na5 10.Nxa5 Qxa5 11.Bd2 (Motylev-Hort Hoogeveen 2003)と、aポーンが弱いですがセンターのポーンストラクチャーを維持でき、また駒のためにd3などの良いマスを確保できます。

positiona5-2

なお、このラインが指された最近のトップゲームではこのようなものがあります:7.Nbd2 Bd7 8.g3 Na5 9.h4 Ne7 10.Bh3 h6 11.h5 Nc8 12.O-O Qc7 13.Ne1 Nb6 14.Qe2 O-O-O 15.Ng2 Be7 16.Rb1 Rdg8 17.f4 g6 18.Nf3 Kb8 19.Kh2 Nc6 20.Be3 Bd8 21.Bf2 Ne7 22.g4 gxh5 23.gxh5 Nf5 24.Rg1 Ng7 25.Nd2 f5 26.exf6 Bxf6 27.Nf1 Nc8 28.Ng3 Nd6 29.Ne3 Bh4 30.Qf3 Be8 31.Bg4 Qf7 32.Rbf1 Bxg3+ 33.Bxg3 Ngf5 34.Re1 Ne4 35.Bxf5 exf5 36.Bh4 Nd2 37.Qe2 Qxh5 38.Qxh5 Bxh5 39.Bf6 Nf3+ 40.Kh1 Nxe1 41.Bxh8 Bf3+ 42.Kh2 Rxg1 43.Kxg1 Be4 0-1 Svidler-Andreikin Moscow 2012。トッププレイヤーのSvidlerがアウトプレイされてしまうあたり、オールドラインといえど警戒しなければいけないということがよくわかります(最もSvidlerは8.b3を知っていてインプルーブメントのつもりでg3-h4-Bh3のプランを採用したのでしょうが)。

7...Bd7

クイーンサイドキャスリングを可能にするとともに、Bd7-a4の筋を用意します。今から白がb2-b3を狙ってもすでに遅く、8.Nbd2 Na5 9.Rb1 Qc7! 10.b3 cxb3 11.Nxb3 Ba4!は駒損となります。

8.O-O Na5 9.Nbd2 Nh6

ここで定跡を外してしまったようです。一番多く指されているのは9...Ne7で、Ne7-c8-b6からBd7-a4をサポートするプランがあるのが特徴です。私は9...Nh6でf7-f6からNh6-f7、さらにはキングサイドのポーンを突くプランを5...Bd7のラインから流用しましたが、特に悪い手ではなさそうです。白はひとまず展開できるだけの駒を出しましたが、局面が狭苦しく、この後どう続ければ良いかをそろそろ考えなければいけません。

10.Kh1?!

f3のナイトが退くマスを用意し、fポーンを突く準備をします。最終的な目標はf4-f5ですが白マスビショップでブレイクをサポートできそうにないため、将来的にg2-g4と突く必要が出てくると見越してキングをあらかじめ避けています。一方、fポーンの突きががe3を弱くしてしまいf5にナイトを呼び込んでしまうのが気になります。
個人的には黒マスビショップを出しやすくするため、Na5-b3でルークに当たらないようにするため、とりあえず10.Rb1 Qc7を挟んでおいたほうがよかった気がします。

10...O-O-O

キングを安全なクイーンサイドに避難させ、キングサイドでの衝突に備えます。e8のマスが空いたことによってf7-f6からBd7-e8-g6と白マスビショップを活用できるようになったこともあげるべきでしょう。

11.Ng1 f6!

positiona5-3

白がe3のマスを満足に守ることができないことを見越して、e5にプレッシャーをかけてf2-f4を誘います。12.exf6 gxf6の形は黒の方がセンターのマスを押さえるポーンが多く、gファイルの方がeファイルよりも活用しやすいため白としては不満足です。

12.f4 Nf5 13.Rf3 h5

白のg2-g4を止め、f5のマスをナイトのために安全にします。次の狙いはg7-g5なので白は何かアクションを起こさなければいけません。
一応この時点でg2-g4と来られてもあまり脅威ではないので13...Be7 14.g4 Nh4 15.Rh3 fxe5 16.fxe5 Rdf8と普通に展開しても問題はなかったと思いますが、相手のプランを防げるのであれば防ぐに越したことはないと思います。

14.Rh3

白はこのhポーンへの狙いとピンを頼りにしていたようですが、致命的な読み抜けがありました。

14...h4

positiona5-4

15.g4? hxg3!

16.Rxh8 g2+! 17.Kxg2 Ne3+でキングとクイーンのフォークになるのがポイントです。16.Nxc4 Nxc4!も白にe3への利きが増えた分さらにe3へいける黒のナイトが増えるのでどうしようもありません。
とはいえこのまま放っておいても黒がキングサイドのポーンを伸ばしてくるので大局は変わりません。

16.hxg3 Rxh3+ 17.Nxh3 Nxg3+

黒はワンポーンアップでセンターのコントロールも悪くなく、白のキングの前ががら空きとなりました。

18.Kg2 Nf5

e3のマスを守っていたルークが交換されてしまったことで、白はまた人員を割かなければなりません。

19.Qg1 Ba4!

positiona5-5

クイーンがキングサイドに出張したこの機を逃さず、バッドビショップを活用します。c2から侵入されては白はひとたまりもありませんが、防ぐこともできません(20.Bd1 Bxd1 21.Qxd1 Ne3+は大惨事です)。

20.Bg4 Bc2 21.Qf2 Be7

黒はようやく最後の駒を展開できました。狙いはfxe5からBe7-h4とビショップが直接侵入する以外にもg7-g5のサポート、ルークをキングサイドに回す準備など様々です。一方白はまだc1のビショップとa1のルークが手付かずです。

22.Ng1

このナイトも他に行き場所がないので仕方なく戻します。

22...fxe5 23.fxe5 Bh4

positiona5-6

白陣の中心部にいるクイーンですが、黒のマイナーピースが非常によくマスを押さえているので逃げた先からまたすぐ当てられてしまいます。

24.Qe2 Bd3 25.Qf3 Nb3 0-1

26.Nxb3 Be4はクイーン落ちのため、白は大きな駒損を免れません。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://chesswarehouse.blog.fc2.com/tb.php/8-dcefe9ea

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ リンク
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 rnanjo all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。